ゴルフにトレーニングは必要です!

キツイ運動や過度の筋力トレーニングをする必要はありませんが、体幹を鍛えることであなたのゴルフは激変します。

何が、どう激変するのか?

ポイントは3つです。

1.スイングバランスが安定し、どんなライからもボールを芯で捉える確率を高める。


体幹の筋肉は骨盤を安定させたり、背骨を支えたりすることで、体のバランスを保っています。

ドライバーからパターまで全ての動作が軸回転のゴルフスイングでは、軸を安定させるために体幹の力が必要です。

体幹の筋肉は、起伏の激しいコースのライでもスイングを安定的させ、どんな場所でも小さな体重移動が可能となり、ボールを芯で捉える確率を高めます。


2.筋肉の弱さや硬さをカバーし、ケガをしにくくなる。


体幹の柔軟性がなければ、スムーズな動作ができず、パワーを損失します。

筋肉の強さだけでなく、十分な可動域が保たれていることも重要です。

腰痛はゴルファーの悩みの種ですが、腰回りの筋肉の弱さや硬さが原因になっています。


3.手打ちをしなくなり、無駄なパワーが消えてスイングスピードが上がり、飛距離が伸びる。


体幹が弱いと、腕の力で補なおうとして、手打ちスイングとなってしまいます。

体重移動や体幹を使えず、ボールを手の力だけで打つので、ミート確立は落ち、スイングスピードも上がりません。

体幹は、パワーと安定性に必要なだけでなく、ゴルファーのケガを防ぎ、ゴルフスイングにおいて大変重要なカギを握っています。


詳細はこちらから

体幹軸スイングプログラム