確実に飛距離を最低20ヤード伸ばすための2つのポイントがあります。

1、“体幹軸”を中心とした回転運動
2、左右対称のスイングを身につける

この2つです。

この2つのポイントは、飛距離アップのを成功させるための 基礎中の基礎となる部分で、この2つを意識するだけで、次のスイングの瞬間、 飛距離が20ヤード伸びる人がいます。


体幹軸スイングなら飛距離・距離感・コントロール性を 高めることが可能


体幹軸スイングでは、

■ロングホールも余裕をもって、ティーグラウンドに立てます!

■スライスやフックなどボールを曲げず、まっすぐ飛ばせるようになります!

■2打目のアプローチがライバルよりもグッと楽になります!

■飛距離をあと30ヤード伸ばし、周りを驚かせることができます!


プログラムの内容を一部抜粋


■飛距離が出る人と、出ない人の決定的な違い

雑誌を読んだり、レッスンを毎週受けているのにスコアが伸びない、 ボールが遠くに飛ばない・・・ そんなあなたは、「あの間違い」に陥っているかもしれません。 実は、ゴルフ雑誌で書かれている「あのスイング」が実は間違いだったのです。

■ダラダラ1000球打つより、1球打ったほうが効果の高い上達スピード重視の練習法とは?

飛距離アップとスコアアップには、とてつもない練習量が必要と考える方が大勢います。
しかし、時間や体力の問題で続けていくことは難しいですよね?
そこで、超効率重視のスイング練習方法を解説します。
1回のレッスンで効果を実感していただくために実施している非常に効果の高い練習方法の1つです!

■アマチュアゴルファーの84.7%が間違えているインパクトとは?

スイングの中でもインパクトは、クラブとボールが接触する1番重要なポイントです。
しかしこのインパクトよりも体重移動や、スイングフォームばかりを気にしてしまって ボールを正確にミートさせることすらできていないゴルファーが大勢います。
インパクト時に最大のパワーをボールに伝える秘訣は「これ」しかありません。

■スイング動作入る前に行うと、グッと精神が安定し集中できる秘密のテクニックとは?

「ボールが曲がったらどうしよう」「このホールを落とすと逆転されてしまう・・・」 といったメンタル部分が実はスイングに大きく映し出されることが多いのです。
しかし、メンタルが安定し、全身に無駄な力が入っていないときこそ あなたのスイングパフォーマンスを100%以上引き出すことができるのです。
これはほんのごく一部になりますが、 これまでに1000人以上のゴルフレッスンを行ってきた経験から あなたが最短距離で飛距離を伸ばしスコアアップする方法を知ることができます。


最短距離で飛距離30ヤードアップ&ベストスコアを20更新する<体幹軸スイングプログラム>はこちらから

体幹軸スイングプログラム