ミスショット

どのようなスポーツをしていても、常に100パーセントのパフォーマンスはできないでしょう。
個人競技であっても団体競技であっても、自分の持っている力を100パーセント引き出すことは非常に困難な事です。
一流スポーツ選手であっても毎回完璧な演技は不可能だといわれています。
常に完璧な演技にどれだけ近づけることができるかを高めているのがプロの選手たちです。
プロだってミスはあります。
どの競技の選手であっても、ミスをしてそれを繰り返さないように努力しているわけですから、素人だったらなおさらのことです。
今回ゴルフに例えてのミスショットですが、特にゴルフの様な繊細なスポーツでは、ミスはつきものと感がえるべきでしょう。
転向を読み風を読んだりと室外競技ですからプロでも至難の業となります。
これが素人だとなおさらです。
ここまでの高度な技術の前に、基本的なスイングやショットを確実なものにしていくことが大切になります。
プロでもミスはあるわけですから、素人の場合ではショットの完成度を高めることに専念しておくと良いです。
それだけの個人練習が必要になりますから、反復練習が大切となります。
ミスが起きてしまうことは、練習段階では良いことと考えるべきです。
そのミスをいかに改善し修正していくかが、今後のゴルフに対しての課題となるわけですから、それを楽しむこともゴルフの素晴らしさではないでしょうか。
ミスを恐れないことが、今後ミスを出さないことにつながっていきます。

コメントは受け付けていません。