フォームとゴルフスイング

ゴルフスイングの基本はフォームだと思っている人が多いのですが、実はグリップが一番大事なのです。
もちろん、グリップの握り方は基本ですから、最初に習ったかもしれません。
しかし、だんだんと基本を忘れてしまって、フォームのことばかりを考えてしまうのです。
それではグリップがなぜ大切なのでしょうか。
ゴルフスイングは腕の振り方などが目につくのですが、アマチュアの大半はグリップに問題があり、飛び方がおかしくなってしまうのです。
もちろん、フォームが重要なことは間違いありませんが、フォームばかりをチェックするのではなくその前にグリップをチェックすることが大切と言うことです。
インターネットで調べてみると確かにグリップのことが書かれています。
ただ、それをスーと読み飛ばしているのではないでしょうか。
本当はすべて重要です。
自分のゴルフスイングの基本ができていないのはグリップの握りが基本になっていないと理解してください。
それならばどのようなグリップがいいのでしょうか。
ウィークグリップ、フックグリップがグリップの握り方の種類です。
どちらもボールが飛ぶ方向を決めてしまいます。
自分がどのようなボールを打っているかを考えて、握り方を変えましょう。
基本があるわけではなく、今の状態を変えることが大切なのです。
フックしやすいと感じている人は少しウィークグリップ気味に変えてください。
きっとボールの飛び方が変わってきます。
このことに気づけば、あなたの上達は間違いありません。

コメントは受け付けていません。