バンカーのゴルフスイング

ゴルフスイングの中でも難しいのがバンカーショットです。
初心者が何度もバンカー打ちをしているのを見ることがありますね。
ゴルフスイングの基本ができていれば、バンカーを恐れることはないと言いますが、メンタルスポーツと言われているゴルフですから、簡単ではないのです。
バンカーショットの基本をおさらいしましょう。
誰でもわかっていることですが、実際のコースではなかなかできないのです。
クラブはサンドウェッジです。
肩や腰は打球の線と平行にして、ヘッドの抜けをよくすることを心がけましょう。
スタンスは若干オープン気味です。
何度も打って、慣れることが大切です。
イメージとしては砂を前に飛ばす感じです。
アプローチのスイングと基本は同じですが、砂の抵抗の分だけ力を入れなければなりません。
アプローチの3倍の振りが必要と言われています。
右手に不要な力が入るとうまくいきません。
ボールを飛ばすのではなく、砂を飛ばすようにしてください。
それが結果的にいい方向に行くでしょう。
ミスをしてしまうと余計に力が入ってしまいます。
落ち着いて練習通りにしてください。
ポイントは左ワキのしまり具合です。
ダウンスイングの軌道が鋭角になり過ぎるとミスショットになります。
左ワキの圧力をキープしましょう。
足場も不安定ですから、両足をしっかりとしてください。
腰で砂をはじくようにしましょう。
基本ができている人は初心者でもうまくバンカーショットができるでしょう。

コメントは受け付けていません。