ドライバーの飛距離

ドライバーはゴルフクラブの中では一番長く、一番重いクラブです。
そのためドライバーで打つと飛距離が伸びるのです。
もちろん、誰もが同じだけ飛ばすことができるわけではありません。
同じドライバーを使っても、それだけではだめです。
打ち方が重要だからです。
両肩のラインを意識して、ボールの芯を叩くことが大切です。
バックスイングも意識してください。
飛距離を出すためにはバックスイングが大事なのです。
コンパクトに振り抜くことでボールを飛ばすことができますが、遠くに飛ばそうとすると力が入り過ぎてしまいます。
思ってもいないところに飛んでしまうのです。
何度も練習しましょう。
理屈ではわかっていても体が思い通りに動いていないことはよくあります。
ゴルフに限らないでしょう。
誰でも悩んで成長するのです。
ゴルフが楽しくてたまらない人が上手とは限りません。
コースに出て楽しいならそれが一番です。
無理をしているスイングでは一度うまく行っても、そこで行き詰まってしまいます。
クラブが何種類もあるゴルフは面白いスポーツです。
他の種目とはちょっと違います。
ドライバーを使う時と他のクラブでは飛び方が違うことを意識しなければなりません。
そのことを意識すれば打ち方も自然と変わってくるのです。
ただ、毎回安定して同じ打ち方ができる人はそれほど多くありません。
それがプロへの道なのでしょうか。
本気でプロになろうと考えているわけではないとしても、少しでも上達したいと考えてください。

コメントは受け付けていません。