ドライバーの握り方

ドライバーの打ち方をマスターするためにはまず握り方からです。
ゴルフのクラブの握り方には3通りあります。
最初は誰でも初心者ですから、打ち方よりも握り方を教えてもらわなければなりません。
具体的な握り方は説明しませんが、ゴルフの練習用資料を見ればどこにでも書かれています。
難しいことではありません。
ただ、自分に適した握り方をすることが大切です。
ドライバーの打ち方はできるだけ遠くに飛ばすことです。
そのためには無駄な回転をかけずにまっすぐ飛ばしましょう。
うまく行かないのはスライスする場合です。
ドライバーは第1打で使うことが多いでしょう。
それで飛ばなかったら第2打もドライバーです。
飛距離を稼ぐ状況の時にはドライバーと決まっています。
そのため、ドライバーで飛ばすことができなければゴルフのスコアはよくなりません。
インターネットや雑誌などでゴルフの基本をマスターするための情報がたくさん提供されています。
その理由は誰でも思った通りのスイングができていないからです。
ゴルフは簡単なようで難しいのです。
ドライバーの場合はイメージトレーニングではなく、実際に売ってみることが重要です。
打ちっぱなしで何度も練習しましょう。
すぐに上達することを期待するのは無理があります。
理論を頭の中に作り上げて、それを体の動きにするのです。
男性と女性では筋力が違いますから、打ち方も異なります。
自分に合った打ち方を見つけることができれば、一定のスコアを出すことができるようになります。

コメントは受け付けていません。