ドライバーのスイング

ドライバーはスタートの時に使うクラブです。
一番使うクラブですから、その打ち方をマスターすることは非常に重要です。
ただ、ドライバーは一番ボールを飛ばすためにシャフトが長くなっています。
打ち方の難しさも一番なのです。
もちろん、プロはそれを理解した上でしっかりと打つことができます。
初心者もドライバーの練習をしておけば、スコアはそこそこの数字を残せるでしょう。
スイングではヘッド部分が安定した軌道を描くことがポイントです。
そのためどのようなことを注意しておけばいいのでしょうか。
正しいアドレスと体重移動がきれいなスイングを作ります。
ボールを飛ばしたい方向に対して垂直にスタンスを構えます。
スクエアスタンスと言います。
両肩のラインをボールの方向に向けるのです。
初心者がミスショットをする例としては、腕力だけでボールを飛ばそうとすることです。
足と体全体を使ってボールを運ぶ気持ちが大切です。
そのためにどうすればいいかを頭で考えて、体に覚え込ませるのです。
ドライバーはそのためにヘッド部分が重く作られています。
その重量をボールにすべて伝達することができれば、遠くまで飛んでいくことになります。
このようなことはインターネットで調べてみるとすぐにわかります。
それをどうやって自分のものにするかが重要です。
漫然とした練習ではなく、1打1打を考えながら打ってください。
きれいなスイング、気持ちの良いスイングがゴルフを上達させてくれるでしょう。

コメントは受け付けていません。