ドライバーでうまく飛ばすには

ドライバーでうまく飛ばす方法を考えてみましょう。
打ち方をマスターすることができれば、まっすぐ遠くに飛ばすことができるでしょう。
しかし、多くの人はそれができません。
どうしてもドライバーで打ったボールがスライスしてしまうのです。
これを改善するためにはなぜスライスするかを考えなければなりません。
もちろん、打ち方を変えるのです。
具体的にどのような打ち方をすればいいのでしょうか。
アドレスする時にボールが真正面にあるでしょうか。
少し前に置いた方が打ちやすいと思うかもしれませんが、それがスライスの原因となります。
ゴルフ上達のための教本やインターネットでの情報を読めば、ドライバーの打ち方はたくさん書かれています。
しかし、それだけでは初心者は上達できないのです。
プロがレッスンのために提供しているビデオを見て、そのスイングを真似てみましょう。
初心者は真似をすることから始めるべきなのです。
多くの人がドライバーでうまく飛ばしたいと思っています。
その気持ちが邪魔をしてしまっています。
無駄な力が入って、ボールがスライスしてしまうでしょう。
ボールの芯をとらえることができれば、それだけでうまく飛ぶはずです。
そのためには練習が重要となります。
毎日、打ちっぱなしの練習場に出かけることはできないとしても、イメージトレーニングをするようにしましょう。
ゴルフに限らず、何でも練習した人が上達します。
自分が打ったボールが思い通りに飛んでいくのを見るのはうれしいはずです。
それがゴルフの楽しみなのです。

コメントは受け付けていません。