スイングの基本

大変人気となっているスポーツにゴルフがあります。
そのゴルフですが、非常に難しいスポーツとしても知られています。
スイングの小さなミスや間違いで、おかしな方向へ飛んで行ってしまったりすることになるスポーツです。
それだけ繊細で難しいスポーツだからこそ、奥が深いと楽しんでいる方が多いのです。
頭脳派のスポーツでもありながら、当然体も鍛えておくことが必要でもあります。
その二つを楽しむのも人気の秘密となっています。
スイングの基本としては、最初に意識しておくことがあります。
グリップの握り方に注目してください。
グリップの握り方一つで、遠心力が伝わるかが決まってきます。
正しい握り方と力まないことに注意しなくてはいけませんから、スイングには重要なことになります。
スタンスも大切で、スイングするための下準備ともいえます。
スタンスがあるからこそ、前後バランスがとれます。
このスタンス一つでも、ボールの飛んでいく回転も変わってきますから、重要な事となります。
グリップの握りでもありましたが、力まないことがゴルフでは大切になります。
力まないことを意識しながら、ヘッドを走らせることを意識します。
これによって、ボールに飛距離が生れます。
腰や、肩、肘、手首などどの部分にも力みを感じてはいけません。
あくまでリラックスした状態でスイングができるようにしましょう。
力みを生じてしまうと、飛距離はもちろんですが、回転がかかってしまうなど、良い状態のスイングができないことになります。
注意しましょう。

コメントは受け付けていません。