スイングにはトレーニング

今回はゴルフについての紹介ですが、ゴルフで大切なスイングに注目していきたいと思います。
ゴルフのスイングといっても、一概に一種類のスイング方法ではありません。
そのシーンに合わせたショットがありますから、そのショットに合わせたスイングが必要になってきます。
ショットに種類が複数あるというならば、それにあわせたトレーニングをしなくてはなりません。
コントロール重視のスイングトレーニングや飛距離を出す為のスイングトレーニングなでがありますから、筋肉も使い分けたりてしなくてはなりません。
一概にパワーアップばかりしていても、強弱をつけるための柔らかい筋肉も必要になってきます。
コントロールを重視するためには、バランスのよい体を作ることも必要になります。
複数の筋肉をバランスよく仕上げなくてはなりませんから、もちろん単純なことではありません。
上半身はもちろんのこと、下半身の筋肉やバランスがあってこそのコントロールですから、体全体のトレーニングが必要になります。
使い分ける段階にあった筋力を使いますから、柔軟な筋肉をつけることが必須です。
また、飛距離を生み出す最大級のパワーをだすためには、フルスイングできる為の筋肉量が必要になりますね。
大きな筋肉が必要で早いスイングが求められますから、難しいこととなります。
パワー重視にしてしまうと、筋肉が大きくなりすぎてしまい、スイングスピードが落ちてしまいます。
スイングスピードを意識してしまい過ぎるとパワーを最大に使うことがてきなくなってしまいますから、非常に難しいトレーニングとなるでしょう。

コメントは受け付けていません。