飛距離アップしたいと思って力を入れても、曲がるだけで飛距離は伸びないことは体験済みです。

パワーを出すには回転よりも「ひねり」が必要です。

捻転では、筋肉を最大限に動かすことができるため、ボールをまっすぐに飛ばすことが可能です。


肩と腰を回転させるという理論はよく聞きますが、捻転は聞きなれないかもしれません。

この違いはかなり大きく、捻転では飛距離アップと毎回同じスイングを可能にしてくれます。

また、ひねることによって、コンパクトなスイングで飛距離がアップします。

力がない、体が思うように回転しないと言う人でも、この方法なら体も大きく動かすことなく飛距離を伸ばすことができます。


スイングを上達させ、飛距離アップを狙いましょう!