普段のイメージでどうやってダウンスイングしていますか?

色々なスイング理論がありますが、腕と腰の動作が間違っていると、思うようにボールは飛びません。

これまでのスイング理論は、「腕を振って腰を回す」と思うかもしれませんが、腰と腕のタイミングを合わすのはとても難しいです。

そのため、腕を脇につけることで、敏感な腕の動きはおさえて腰で打ち抜くことで、タイミングを合わせることができるようになります。

腰と腕の動作はイメージでタイミングがあった思っても、実際にはタイミングがずれるのでスイングは毎回一緒にはなりません。


最初のうちはダウンスイングを腰で打ち抜くと言われても、ピントこないかもしれません。

これができるようになると、スイングが毎回同じになり、曲がらず飛距離アップできるようになります。

「腰で打ち抜く」を今日からの基本にしていきましょう。


伸び悩むゴルフ生活を終わりにしましょう!