スイングでミスする人のフォームは、一定ではありません。

スイングが安定していれば、クラブの軌道は同じになります。

練習場でもコースでも同じ状態であれば、大きなミスはなくなります。

大きなミスが出るということは、クラブの軌道がスイングごとに違っているということで、フォームが間違っているということです。

一生懸命でも、基本が間違っていれば意味がありません。

「腕を振って腰を回す」スイングは、タイミングが合わなければフックやスライスなどのミスに繋がります。

このタイミングを合わせるのは難しく、1ピースにスイングすることでタイミングを合わせる必要がなくなります。

ミスが目立つのであれば、きちんとフォームを改善していきしょう!


間違った理論ではスイングがダメになります!