ゴルフではスライスやフックに悩まされることがあります。

なぜスライスやフックになるか、考えたことがありますか?

それはスイングの方法に関係があるのです。


基本的には「腕を振り、腰を回す」というのが一般的です。

しかしこのスイングは、腕が先ならフック、腰が先ならスライスになり、タイミングが合わない場合はどちらかになるということです。

そのため「今日は調子が良い!」「今日は調子が悪い!」とか、1日のうちでも変わってきてしまうのは、タイミングの問題です。

タイミングを合わせることは難しいので、最初から「1セット」にすれば良いことになります。


これまでのダウンスイングを改善して、右腕を体につける。

そして、腰で打ち抜く。

右脇を閉じることで、芯に当たり安定感がでます。

最初は慣れないかもしれませんが、スライスやフックの改善になるだけではなく、コンパクトなスイングで自然に飛距離もアップします。

右脇を意識するだけで、スライスもフックも改善され理想的なスイングになっていきます。


スイングの改善は意外なところにあったのです..