左股関節に体の軸を置くようにするとインパクトゾーンが広がり、芯に当たるようになります。

左股関節に縦の線を描き、それが軸になるイメージです。

通常の体重移動に比べ、左股関節を軸にすることでクリーンヒットする確率が上がります。

しかも、体の中心で回転していた時に比べ、明らかにインパクトゾーンが広がるため、ミスも減って安定性も出て、飛距離もアップします。

通常のスイング方法では、良いショットの確率が低く、ミスを連発した経験があるのではないでしょうか。

それを防ぎ、再現性を高くするのが左股関節を軸にする方法です。

このスイング法には、インパクトゾーンを広げてクリーンヒットでき、ミスを減らせるメリットがあります。


確実にミスを減らす、スイング法をマスターしましょう!