正しいテークバックでミスショットが減ります。

ミスショットかナイスショットかは、クラブヘッドがトップに行った時に決まります。

正しいテークバックは再現性の高いスイングにつながり、結果的にミスショットも減ります。


正しいテークバックはムリをせず、アドレスで70~75%、トップで80~85%左足加重にし、左ひじを上手に使うことが大切です。

ムリな体勢は体をいためるだけでなく、安定したスイングを困難にします。


ミスショットの原因の80%がテークバックなら、テークバックを正しくすることでミスショットを減らすことができます。

テークバックとスイングの関連性はとても重要で、安定したスイングには正しいテークバックが必要です。


正しいテークバックとに悩んでいませんか?