ゴルフスイングの基本について

ゴルフを始めたばかりの人は基本的なゴルフスイングができていません。
基本ができていない状態で、ボールを遠くへ飛ばそうと考えたり、うまいショットを打ったり考えることに無理があります。
まずは基本のゴルフスイングをしっかりと身につけましょう。
ゴルフスイングの基本はグリップ、セットアップ、バックスイング、ダウンスイング、フォロースイングに分けられます。
それぞれのタイミングで基本的な動きをマスターするのです。
もちろん、頭では分かっていても、体が思った通りに動いていない人も少なくありません。
鏡を見たり、ビデオに撮ったりして、自分のゴルフスイングをチェックしてください。
最初のうちは、ゴルフのレッスンを受けてみることも有効です。
慣れるまで、教えてもらうのです。
さて基本のグリップとはフィンガーグリップです。
左手は3本指、右手は2本指で軽く握るイメージです。
親指と人差し指には力を入れないようにしてください。
ゴルフクラブを指でコントロールするのではなく、体全体を使って振りぬくことが基本です。
セットアップではクラブと腕の角度が144度と言われています。
両足を肩幅に開いて、ひざはゴルフシューズの先を指しています。
両足はターゲットラインと平行にしましょう。
これが基本の姿勢です。
お尻をちょっと突き出し気味にして、骨盤から前に傾けるイメージです。
クラブシャフトが水平になるまでテイクバックを行います。
手、手首、腕、胸が同じ形になったままで、テイクバックすることが重要です。

コメントは受け付けていません。