ゴルフの練習の特徴

ゴルフの練習方法はどのようにすればいいのでしょうか。
誰でも上達したいと思って、いろいろな練習方法を試しているはずです。
しかし、思ったようにゴルフが上達しないため、ゴルフは難しいスポーツなのだと勝手に思い込んでしまうのです。
難しいスポーツであることは間違いないのですが、何とかして上達する道を探しましょう。
ゴルフの練習方法の特徴は一人でやることでしょうか。
野球などであれば、誰かに相手をしてもらわなければなりません。
ゴルフは止まっているボールを打つだけですから、自然との闘いとなるのです。
つまり、練習方法のポイントは一人で集中できる状況を作ることです。
もちろん、専門の練習場に通うことができればそれが一番です。
しかし、普通のサラリーマンには難しいことでしょう。
週末だけ打ちっぱなしに出かけるくらいです。
そのため自宅でできる練習方法を考えなければなりません。
小さいながらも芝生の庭があるなら、ネットを購入してボールを打つ練習をすればいいでしょう。
室内でクラブを振り回すと家族に当たって大変な事故になってしまうこともあります。
十分注意しておくことが大切です。
そんな時の練習方法としてイメージトレーニングがあります。
ボールの前に立っている状況をイメージして、どこに打つかを考えるのです。
そして、クラブを持たずに腕を振りましょう。
どこまで飛んだでしょうか。
思った方向へ飛びましたか。
もちろん、イメージ通りにボールが飛ぶなら、これほど楽なことではないでしょう。

コメントは受け付けていません。