ゴルフの実力を知る

自分がどれだけのゴルフのレベルなのかはどうやってわかるのでしょうか。
コースに出て、他の人と競い合っても実力が出ているとは限りません。
まずは練習場で思い通りの方向にボールを打てるかを確認しましょう。
何となくフルスイングをするのではなく、明確な目的意識を持つことが上達のポイントです。
練習方法は特別なことを考える必要はありません。
思ったように打てるかどうかを考えてください。
そしてその結果があなたの実力です。
誰にでも得意な打ち方があります。
パターが得意な人なら、パターが使える状況を作ることが重要です。
また、遠くに飛ばすことが得意なら1打目を確実に飛ばせるようになることです。
いずれにしても自分のゴルフスタイルを確立できれば、それはかなり上達したレベルと考えていいでしょう。
コースに出るたびに打ち方が変わるのであれば、まだまだ練習が足りていません。
上達のための練習方法ではなく、自分のスタイルを確立するための練習が必要なのでしょう。
ゴルフは周りの人の打ち方を参考にしてもうまくいきません。
自分の体力や体格が関係しているからです。
止まっているボールを打つ競技ですから、他の人と比べる必要もありません。
自分が目の前のボールをどう処理するかが重要です。
早く上達したいと考えているなら、そのための練習方法を考えましょう。
実力に合わせた練習でなければ意味がありません。
無理してレベルの高い練習方法を取り入れることは決しておすすめできません。

コメントは受け付けていません。