【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム

新左一軸ゴルフ上達プログラム このサイトは、ゴルフのスコアがなかなか良くならないと悩む
あなたのために作成しました。練習場で何も考えずにゴルフクラブを振り回していてもゴルフは上手くなりません。スコアアップのためには、
正しい理論に基づいたスイングに改善するのが最も効果的です。世界最新の左一軸スイングを身につけた人はスライス、フックが無くなり、まっすぐ飛ぶようになりました。飛距離が10~50ヤード伸びました。結果的にスコアが大幅にアップしました。いつでも同じスイングができるようになりました。このようなことを書くと、うさんくさいと思われるかもしれません。しかし、これは既に全世界で3,000人以上が経験している
まぎれもない事実を そのまま書いているだけです。もし、あなたも、「ボールが曲がってしまう」 「飛距離が伸びない」
と悩んでいるのであれば、このページを読み進めてみてください。このページを読めば、知らず知らずのうちに
世界最新の左一軸スイング理論を吸収できるように書いてあります。※注意
これから、まっすぐ飛ばせて、しかも飛距離が出る左一軸スイングを
お教えしようと思いますが、読まない方がいい方がいます。それは、頑固に昔のことに固執して、新しいものを受け付けない方です。新しいことを受け入れる気があり、
真摯にゴルフ上達を願う人だけお読みください。今までの常識と180度違うスイングですが、実践した人からは「スライスが無くなりました」
「球筋が良くなり、飛距離が伸びました」と、喜びの声が届いています。東京都 佐竹吉信さん(50歳)左一軸打法を知るまでは、自己流も良いところで
中途半端なことをやっていました。体力がある方ですし、背も高いことから力任せの
ゴルフでもドライバーはある程度飛んでいました。しかし、問題は正確性、再現性が全くなっていなかったことです。この左一軸打法に出会い、一年余り
試行錯誤しながら自分なりに考えながらやって来ました。おかげさまで、やっと80台のスコアーが普通に出せるようになりました。長いクラブの安定度が増し、ドライバーショットが非常に得意になりました。スウィングの再現性が高まったことで
こんなにゴルフが楽しくなるものかと改めて実感している毎日です。ありがとうございました。東京都 阿川 茂さん(62歳)還暦を迎えた頃から急激に
ゴルフの質が低下しました。ドライバーが飛ばない、アイアンがフックする、シャンクが出る等でピーク時のHC9(40歳~50歳代)から徐々に下がり始め現在はHC16になってしまいました。何とかしたいとクラブを変え、レッスン書を買いあさり、練習場に通いましたがなかなか改善しませんでした。そんな時、たまたま小池先生のHPに出会いオジーのスウィングと理論を見て、
今まで自分がやってきたゴルフと何か違うなと思いました。そこでDVDを購入し左一軸打法を学び、小池先生のレッスンを受けたことで、
そのあとの月間平均スコアが82.4と前月の平均87を大きく上回りました。何が変わったのか・・ドライバーが20ヤード伸びた、アイアンの方向性が良くなった、そして何より改善した理由(左一軸打法の理論)が理解できたことだと思います。いつも一緒の仲間たちから「阿川さん最近調子いいね」
と言われて大変うれしい思いをしています。小池先生には「まだまだだ」と怒られそうですが、
私の目標である小池先生に一歩でも近づくために努力を重ねて行きます。神奈川 渡辺重信さん(69歳)左一軸打法に出会ってつくづく良かったと思っています。この打法を知らなかったら練習の回数も減り、ラウンド数も徐々に減ってゴルフをやめていたかも知れません。退職後本格的にゴルフを始め、レッスンプロの
指導を受けたり、○○打法といった本やDVDで研究し、ゴルフ雑誌も読み漁りました。しかし、いっこうに上達せず
100前後のスコアが続いたままでした。結局、曲がらず飛距離がでるとの宣伝につられて、
クラブを買い換えるの繰り返しでした。しかし、この一軸打法は合理的で単純な動作で自然に捻転差ができ、
左股関節を軸に身体をまわせば、腕は腰につられて振られ、
真っ直ぐに番手通りにボールが飛んでいきます。最近練習場では100ヤードの小さな看板に何発当てたかを励みにしています。練習している人の90%はフォローからフィニッシュが決まらず
お世辞にもスマートなスイングといえません(以前は私もその一人でした)。左一軸打法では何の意識もせずに、これがピタリと決まります。過去に購入したレッスン書は全部捨てました。いつまでも格好よいゴルフを続けるため練習に励んでいます。「なんでまっすぐ飛ばないんだ!」ティーショットを打った瞬間、大きく曲がって林の中へ。一打目からOBです。
打ったゴルファーは悔しさのあまり、クラブを地面に叩きつけんばかり。「なんで練習場のように、まっすぐ飛んでくれないんだ・・・」がっくり肩を落として、友人のナイスショットをうらめしそうに見つめます。あなたも、こんな経験ありませんか?しかし、ボールが曲がるのは当然のこと。
なぜなら、今の日本では古い常識が当然のように信じられているからです。体重移動が一番大事だ回転を速くしてボールを飛ばせ肩を大きく回して勢いをつけろなどなど。こんな間違った常識を信じ、
ゴルフがうまくならないと嘆くゴルファーがなんと多いことか。ボールが曲がったり、スコアが大崩れするのは、
あなたのせいではありません。間違ったゴルフ理論を堂々と垂れ流す雑誌やテレビ、
そして、ゴルフを教える立場の人々が悪いのです。いつもの練習場。いつもの場所。
いつも通り打席に立ち、私は球を打っていました。違ったのは、一人の男性が、声をかけてきたことです。「あの、もしよかったらスイングのご指導いただけませんか?」聞いてみると、声をかけてきたその男性の職業は、
ゴルフのレッスン・プロだと言うではありませんか。「プロなら、もう他人に習うことはないはずだ」と、
私は丁重にお断りしようとしました。ところが、よくよく話を聞けば、
「私がゴルファーをダメにしたんです」と言わんばかり。今までのゴルフ理論を教えていいのか、自信がなくなったというではありませんか。彼が言うには、日本で常識となっているゴルフ理論は個人の経験、体験がもとに
なっているものが多く、正しい理論に裏付けされたものではないこと。机上の空論が多く、正しく実践できるものはほとんどないこと。いろいろな情報が氾濫していて
体系的にスイングを学べるところがないこと。そうして、そのレッスン・プロは、かねてから日本のゴルフ理論に
疑問を抱いており、自信を持って教えることができなかったそうです。このレッスン・プロはわかっていたのです。
今までの日本のゴルフ理論は、ウソが多いことを。そして、海外のある伝説のゴルファーから習ったスイングを実践する私を見て、
「飛んで曲がらない」このスイングが今後の主流になることを見抜いたのです。千葉県 ゴルフレッスンプロ Tさん小池先生との出会いは、あるゴルフレンジでした。そこで、小池先生の「ボールが曲がらない」
スイング理論をお伺いし、ご指導をお願いすることになりました。この理論とは、クラブにボールが当たる前後のフェイス面を意識したもので、
手首を使いすぎず、無駄のない動きをするというものです。私自身、ゴルフ歴は19年、ゴルフレッスンのコーチをしておりますが、
小池先生の理論を学び、自分の技術となった現在は、
自信を持って生徒へのコーチングが出来るようになりました。常に新しく変化していくスイング理論を日々研究し、
ご指導くださる小池先生の取り組みと努力は、心より尊敬しております。今後も進化する小池先生のスイング理論を学び、ご指導賜りたいと思っています。はじめまして、小池幸二と申します。小池幸二 プロフィールオージー・ゴルフ・ジャパンLLP代表慶應大学卒業後、テレビ局のTBSに勤務。ジャック・二クラス、ボブ・トスキ、ジム・フリック等、
世界一流プレーヤーのレッスンTV番組をプロデュース。オジー理論を勉強して11年。
オジー・モアに公認をもらいその理論を日本で紹介して9年。「左1軸打法」とネーミングし、紹介して
(日本では最初;2008年6月Eブックで)3年半。「オジー・モア」の名前を使って日本で指導できる、
オジー・モア公認の日本で唯一の指導者。慶応大学卒業後、テレビ局のTBSを経て、
オージー・ゴルフ・ジャパンLLPの代表をつとめ、
レッスン・プロやアマチュアゴルファーにゴルフを指導しています。私は今でこそ、そこそこの結果を残せていますが、162cm、握力25kgと
体格にめぐまれず、かつてはゴルフ上達をあきらめていました。ところが、現在では、オージー・ゴルフ・ジャパンLLPの代表として
レッスン・プロにスイングを指導するまでに上達しています。どうして私はゴルフが上達したのか。
なぜ、私に習った生徒は、次々に結果を出すのか?今、あなたに公開しようと思います・・・。私はTBS(テレビ局)に勤めていた関係で、
海外の有名なプロゴルファーと接することもありました。ジャック・二クラス、ボブ・トスキ、ジム・フリック等、
世界一流プレーヤーのレッスンTV番組をプロデュースし、
一流ゴルファーのスイングを間近で観察する機会に恵まれました。確かに、欧米人の恵まれた体格をさっぴいて考える必要はありますが、
海外のゴルフ理論は、きちんと根拠に裏付けされたものが多く、
参考になるのです。それに引き換え、日本のゴルフ界には、自分の経験、体験をもとに
指導する人が多く、正しい理論に裏付けされたものはほとんどありません。しかも、トーナメントプロとして活躍して自分自身で実践し、
なおかつ、誰にでも教えられる指導方法をマスターしているという、
この2つを満たす人が見当たりません。多くのゴルフ雑誌やホームページでゴルフ理論を目にすることがありますが
それぞれが異なったことを言っており、体系化して学べる環境がありません。私は、日本のゴルフ界の未熟さにがっかりしながらも、色々な方法論を
取り入れながらこれまでに100回以上、スイング改造をしてきました。その結果、草津カントリークラブと東京湾スプリングスで合計5回、
クラブチャンピオンを達成したこともあります。こうして自分が上達した経験をもとに、
生徒をとって指導し、一定の成果をあげていましたが、
「もっと効果的で画期的な指導方法はないか」と、つねづね探していました。すると、アマチュアゴルファーでも
驚くほどゴルフが上手な国がたった一つだけありました。それは、アメリカやイギリスではなく、オーストラリアでした。私はかねてから、
オーストラリアのゴルフのレベルの高さに注目していました。世界ランキング1位を通算331週保持した
伝説のゴルファー、グレグ・ノーマンを輩出した地でもあり、石川 遼 選手が57位に入ったことでも話題になった
2009年の世界ランキングで8位にランクインしたジェフ・オギルビー。そのほか、
「女性版タイガー・ウッズ」と呼ばれるカリー・ウェブや
「ホワイト・タイガー」と呼ばれるアダム・スコットなど、
多くの優秀な選手がオーストラリア出身です。それだけでなく、アマチュアゴルファーのスイングも
日本と比べて格段にすばらしく、ぜひその秘密を知りたいと思っていました。プレーヤーとしてオーストラリアツアーで賞金王に輝き、
コーチとしても5年連続トップインストラクターに選出されている、プレーの腕も指導の腕前も一流の、トップコーチのところに
ゴルフを学びに行くことにしました。彼の名は、オジー・モアと言います。トーナメントプロとして賞金王に輝き、
レッスン・プロとしても
5年連続トップインストラクターに選出された
海外では超有名なプロゴルファーです。ゴルフを習うなら彼を置いて、
ほかにはいないと言える逸材です。オジー・モア(Ossie Moore)プロフィール1985豪州ツアー賞金王、プロ5勝、全米オープン他メジャー6回出場。片山晋呉プロを輩出したアズメディアゴルフアカデミーの、
オーストラリア校チーフインストラクター。豪州ツアーとヨーロッパツアーのテレビ中継をするフォックススポーツ
(スポーツ専門チャンネル)ではコメンテーターを10年以上務めている。週一回放送のゴルフ30分番組の中のレッスンコーナーも担当。三次元のコンピューター技術を活用して、
パワーと方向性の両立した合理的なスイング理論を研究。彼のレッスンを受けたいという生徒が世界中から集まり、
オーストラリアゴルフダイジェストが選ぶトップインストラクター50人に5年連続選出。指導を受けた生徒は「飛んで曲がらない」スイングで
大幅なスコアアップを経験している。私は、古い日本のゴルフを捨て、圧倒的な結果を出している
オジーのスイングを盗むために、オーストラリアに留学を決めました。ところが、いざオーストラリアに渡り、彼のレッスンを受けてみると、
彼の言うことには、びっくりさせられてばかりだったのです。例えば、、、「体重移動が大事だ、なんて言っている人いるけど、
困っちゃうよね、ウソ教えられちゃ。まさか、信じてないでしょ?」なんて言うのです。両足でバランスよく構えて、テークバックで右に体重を移し、
インパクトの時には左足に体重を乗せて打つ。これが常識ですよね?でも、オジー・モアは
「体重移動してはいけない」なんて言うのです。体重移動しなければボールが飛ばないだろう。
そんなことも知らずに、ゴルフのレッスンをやっているのか?私は一瞬、不信感をいだきましたが、
私が参加していたプログラムは、日本からプロの選手も習いに行くほど、
クロウトの間で評判になっていた学校です。ましてや、コーチはあのオジー・モア。
きっと、何かワケがあるのだろうと、いったん自分の考えを胸にしまいました。そうして、オジー・モアが打つのを見てみると、
彼の打つボールはことごとくまっすぐ飛びます。狙った方向に吸い寄せられるように一直線に、しかもよく飛ぶのです。そんな彼のスイングを見たら、確かに体重移動しているようには見えない。ムダの無いスイングで、いともラクそうに振っているのです。オジー・モアのスイングの動画をご覧ください。この動画をご覧になるには、
Adobe社のflash playerが必要です。
Adobe flash playerを無料ダウンロード▲上の画像をクリックで再生します。
音声がでますのでボリュームを確認してください。「これは何か秘密があるに違いない」
と思った私は、彼の話を注意深く聞いてみました。オジー・モアが言うには、
体重移動こそが、ボールを曲げる要因になるということでした。まっすぐ飛ばすためには、インパクトのときにフェースが
ターゲット方向を向いている必要があります。猛スピードで振り下ろされるクラブヘッドをコントロールし、
フェースをまっすぐに保つのは、ただでさえ困難です。これに体重移動が加わるとなると、体が大きく左右に揺れることになり、
インパクトの瞬間をコントロールすることは至難の業。タイミングが少しでもズレると、
ボールは大きく右か左に曲がってしまうことになります。なるほど、確かにゴルフは、長いクラブで小さいボールを打つもの。当たる瞬間のフェースの角度を調節するというのは
針の穴に糸を通すような、非常に繊細な作業が要求されます。もし自分が一生懸命、針に糸を通そうとしているときに、
隣の人に椅子を揺らされたら、糸を通せるはずがありませんよね。ゴルフで体重移動をするということは、
わざわざ自分で体を揺らし、当てにくくしているのと同じこと。フェースがまっすぐにならず、ボールが曲がってしまうのは、当然のことなのです。オジーは続けました。「構える時に、最初からほんの少し、左足加重で構えてみてください。
左足に70~75%ほど体重が乗るイメージです。」「インパクトの瞬間はどのみち左足加重になるのですから、
最初からそうしておくのです。」なるほど、
どうせなら最初から左足に体重を乗せて構えておいて、
インパクト時の状態にしておけ、ということのようです。
オジーの構え。左足加重になっているのがわかります。日本で言われているのとはまったく異なる構え方ですが、
オジーの言うままに、私は構えてみました。2、3球打ったころはどうしても違和感があり、なかなかうまく飛びませんでした。しかし、5球も打ったころになると、ぶれることが少なくなり、
芯に当たってまっすぐ飛ぶ確率が格段に上がるのを実感しました。私は、オジーの理論を信じてみようと思い始めていました。すると彼は、また、驚くようなことをいいました。腕をくっつける?「打ちにくくてしょうがなさそうだけど」と思いながら、話の続きを待っていました。オジー・モアのスイングを見る限り、一般的なスイングより、ずっとコンパクトで、
楽に振っているように見えるのにまっすぐよく飛んでいたからです。彼の話はこうでした。多くのスイング理論は腕を振って腰を回すスイングですが、
このスイングは非常にミスが生まれやすいとのことです。というのも、腕と腰が動くタイミングを一致させなければいけないからです。もし、腕が先行してしまえばフックになり、腰が先に出てしまえばスライスになります。別々の部分を別々に動かすのに、そのタイミングを完全に一致させるのは、
かなりの練習を積んだプロでも難しいことです。なるほど、確かにそうです。まったく違う2つの動きを同時にやろうとするのは、かなりの困難がともないます。(左手でひらがなを「あ」「い」「う」と順番に書き、同時に
右手で数字を「1」「2」「3」と順番に書くのは難しいですよね)調子が良い日にはまっすぐきれいに飛ぶけれど、
日によって飛ぶ方向が違ったり、ラウンド中に大きく崩れることがあるのは、
腕と腰の2つのタイミングを毎回一致させるのが難しい
ということに原因があります。だったら、2つ別々に動かすのではなく、
くっつけて1つにしてしまえという発想です。つまり、ダウンスイングのときに
右腕を体に密着させて、腰で打ち抜くようにすればいいのです。体の部分で最も鈍感(どんかん)な腰を積極的に使う一方、
最も敏感(びんかん)な腕を脇に付け、腕の動きを押さえることによって、
いつも同じスイングが出来るようになるということです。私もそのスイングをやってみましたが、
やはり最初はちぐはぐな動きになってしまいました。ところが、5球も打ってみると、コツがわかってきました。腕を体にくっつけるというのは、
右脇を閉じるようなイメージでやればスムーズにできるのです。私は、それまでボールが芯に当たるのは偶然にしかすぎませんでしたが、
これを覚えてからは毎回安定的にヒットでき、
気持ちよく、まっすぐに飛んで行く確率が大幅に上がりました。しかも、この打ち方は手の力で打つのではなく、
体の中の大きな筋肉(体幹)を使って打つため、
コンパクトなスイングなのに飛距離が大きく伸びるのです。ここまでのレッスンで、
私はすでに自分のスイングが大きく改善されたことを実感していました。ここまでに打った球数は50球にも満たないと思います。たったこれだけのレッスンで上達するんだから、
全部身につけたら以前とはまったく違ったゴルフができるに違いない。「なんとしてもオジーのスイング理論をすべて習得して帰るぞ」と
私は前のめりになってオジーの言葉に耳を傾けていました。オジーは言いました。「ボールが曲がってしまうのは、身体のぶれ、タイミングのずれなどで
スイング時にクラブヘッドが狙ったコースを通らないからですね。」なるほど、確かに思ったとおりにスイングできれば、
狙った方向にボールは飛ぶでしょうね。オジーは続けます。「クリーンヒットし、まっすぐ飛ばすためには、スイングのときに
クラブが毎回決まったコースを通ることが必要です。」そうですね。毎回同じ軌道でスイングできれば、いつも同じ球筋が出るでしょう。ここまでは、素直に合点がいきました。ところが私は、次の言葉に耳を疑いました。
なんとオジーは、次のように言ったのです。「そのためには、左の股関節(こかんせつ)を
『軸』にするのが良い方法です。」左の股関節を軸に?一体どういうことなのか?軸というと、
一般的には身体の中心である背骨を軸にすると良いと言われています。ところが、オジー・モアは、左の股関節を軸にすると言いました。私は英語の解釈が間違っていないよな、と確認をしながら、
やはり確かにオジー・モアは左の股関節と言ったのだ、と驚いていました。左の股関節を軸にするとは、一体どういうことなのか?私は、ここからがこのスイング理論のキモだと直感し、
オジーの話を一言も聞き逃さないように注意深く聞いていました。オジーが語ります。「身体のどこに軸を作るかというと、
左の股関節(こかんせつ)を上下にとおる線を軸にするのです。」なるほど、左の股関節を縦に通る線をイメージし、
それを軸にするということだったのです。「さらに」とオジーは続けます。「左股関節を軸にすると、芯に当たる確率がずっと高くなります。
というのも、左股関節を軸にすれば、インパクトゾーンが広がるからです。」左股関節を軸にしたらインパクトゾーンが広がる?
また即座には理解できない話でしたが、オジーが図を描いて説明してくれました。「いいですか?一般的なスイングを真上から見るとこんな軌道を描きます。」「体の中心で回りますから、急カーブを描くわけですね。」
「そして、このライン方向に飛ばしたいとします。」「すると、この位置でインパクト、つまりボールを打つわけです。」「これだと、円と線がぶつかる、たった1点で当たったときだけ、
まっすぐに飛ぶことになります。」「しかも、体重移動までしているわけですから、
この1点に合わせるのは大変難しいのです。
少しでもズレると左右にボールが飛びだしてしまいます。」オジーは続けて説明します。「これに対し、左股関節を軸にする場合、スイングの軌道はこうなります。」「細かい説明は省きますが、先ほどよりゆるやかなカーブを描きます。」
「これに、ターゲットへ向いたラインを描き加えます。」「するとどうでしょう?ここからここまでのゾーンで当たれば、
どれも芯をとらえてまっすぐ飛ぶはずですね。」「このように、左股関節中心のスイングをすると、
体の中心で回転をするときよりもインパクトゾーンが長くなり、
高い確率でクリーンヒットできるようになるのです」しかも、地面に対して平行にヘッドが動くので、
ダフリやトップのミスが減少し、ショットの高さも安定するのです。私はこの説明を聞き、なるほど、そうだったのか、と大きくうなずいていました。今まで言われていた、背骨を中心とした軸だと、
狭い1点で打たなければいけませんでした。ところが、左股関節を軸にすることによってストライクゾーンが広がり、
ミスの確率が圧倒的に少なくなり、飛距離も伸びるのです。ゴルフは10回打って1回でも大きく失敗をすると、
その後のすべてが狂ってしまうことがあります。1つのホールでティーショットを失敗し、
そのあとガタガタに崩れてしまった、という経験をしたことはないでしょうか。ゴルフは、毎回確実に、良いショットが打てなければ
良いスコアに結びつかないのです。そのためには、何度でも同じショットを再現できる必要があります。ストライクゾーンが広がるこのスイングは、この上なく魅力的に映りました。でもここで、ふと疑問がわいてきました。
軸が身体の左側にあったら、回転するとき、ふらふらしてしまうのではないか?どう解決するんだろうと考えていたら、オジーが説明してくれました。「一般的な理論では、腰と肩を『回転』させますが、
このスイングでは、『捻転(ねんてん)』、つまり捻る(ひねる)のです。」私は耳を疑いました。
軸を中心にひねる?回転をしてこそヘッドスピードがついてよく飛ぶのというのは常識なのに、
体をひねるだけでいいだって?「回転させると、一見、スピードもついてよく飛びそうに見えますよね。
でも、実は、ひねったほうがよく飛ぶのです。」オジーは続けます。「ひねる動作は、身体の中の大きな筋肉(体幹)を動かすことになります。
体幹を使うことで大きなパワーを生みせるのです。」なるほど、回転というのは実は、体幹のパワーを生かしていません。
つまり、ひねることで身体の筋肉の力を十分に生かすことができるのです。「捻転することで大きなパワーを生みだし、
体に負担のかからないコンパクトなスイングでありながらも
風に左右されない重いボールとなって飛び出し、
まっすぐ遠くに伸びる球となるのです。」なるほど、ボールを飛ばすには、回転をするのではなく、
腰と肩の角度差を大きくすることによる捻転が必要だったのです。だから、いくら腕を速く振っても、回転スピードを上げても
実際にはパワーが出ないため、ボールが飛ばなかったのです。今まで日本で試してきた100種類以上のスイング理論では、
ここまで合理的に説明でき、しかも実践できるものは何一つありませんでした。ところが、今、目の前にあらわれたこのオジー・モアのスイング理論は、
思わず口をあけたまま大きくうなずいてしまうほどの説得力があり、
しかもオジー・モアがそのとおり実践しているのです。こんなに曲がる確率が減り、しかも、それを何度でも再現できるスイングは、
これまでどんな本でも、どんなトッププロからも学ぶことができませんでした。それが、オジー・モアというトップコーチによって、
いとも簡単に示されてしまったのです。私は、なんとしてもこのスイングをマスターしなければならない、と思いました。私はオジーの話を何度も頭の中で繰り返し、
左の股関節の軸をイメージしてスイングを練習しました。すると、何回でもまっすぐ遠くへ飛ぶのです。決してまぐれで良い球が打てるのではなく、
何度でも何度でも繰り返し同じ球が打てるのです。これまで何百回、何千回とクラブを振ってきましたが、
ここまで気持ちよくボールを打てたことがあったでしょうか?しかも、まっすぐ飛ぶだけでなく、飛距離まで出るようになり、
「捻転」の力を思い知らされました。私を含め、オジーのスイングを身につけた人は例外なく、
飛距離を伸ばしているからです。また、このスイングは、安定性があるため、
コースへ出ても崩れることがありません。さらに、このスイングはウェッジからドライバーまで
同じスイングで打ててしまうのです。私も以前は、ティーショットに若干の不安をかかえていましたが、
このスイングを身につけてからは思い切り飛ばせるようになりました。日本のプロゴルファーの大多数が、フェアウェイキープ率60%に満たない中で、
オジーのスイングを身に付けた私は、
フェアウェイキープ率が80%を超えるまでになったのです。私は、この素晴らしいスイング理論を、日本人が知らないのはもったいない。
そう思い、日本で広める決心をしました。オジーのレッスンが終わってからも、自分のスイングを確認するため、
そして、新たな理論を学ぶために、その後2回にわたって
オーストラリアに留学しました。そして、
オジーから正式に許可を受け、オージー・ゴルフ・ジャパンLLPを設立。私は日本でオジーのスイングを指導することになったのです。「コースに出るとボールが曲がってしまう・・・」と未だに悩んでいる人がいるのを目にすると、私は、非常に心苦しくなります。オジーのスイングさえ身につければ、
いつだってまっすぐ飛ばせるようになるのに。ほとんどの日本人は、オジーのスイング理論を知らないだけなのだ。
だから、こんなに悩んでいるのだ・・・。私は、とても大きな責任を感じているのです。私がオジーのスイングを広めなければ、
日本人はこのスイング理論を知らないまま
古い常識のもと間違ったゴルフを続けるのだ・・・。私は、オジーのスイングを身につけてスイングが大きく変わりました。
スライスやフックが無くなり、飛距離も伸びました。私がオジーのスイングを教えた会員さんも、全員が同じ経験をしています。ということは、このスイングを身につければ、
ゴルフが上達する、いや、根本からゴルフを変えられると言うことができるのです。オジーから私が教えてもらったスイングは最近、
日本でも左一軸打法として注目されてきています。ただし、オジーのように体系的に左一軸打法を教えられる人を私は知りません。あなたも、オジーの世界最新のスイングを
身につけたいと思いませんか?左一軸打法が、石川遼やタイガーウッズが実践していると、
日本のゴルフ雑誌でも話題になっています。
しかし、日本のゴルフ雑誌で紹介されている左一軸打法は、
日本人にとっては目新しい理論かもしれませんが、
オジー・モアが教えている最新の左一軸打法に比べると、
古いスイング理論です。日本のゴルフ雑誌で紹介されている左一軸打法は、
私がオジーから教えてもらっている最新の左一軸打法ではないのです。雑誌で取り上げられている、タイガー・ウッズや石川遼が目指す左一軸打法は、
アスリート向けで、誰にでも出来るスイングではありません。体幹が強くないと、左足加重での、
正しいインパクトの体勢に戻すことが難しいからです。左右への体重移動が少し入ったスイングなので、
左股関節をスイングの中心とした左1軸打法とは違うところが多いのです。むしろ、7/21発刊の月刊誌ゴルフダイジェストで紹介されている
オンプレーン打法(左1軸打法と対比している)の方が
オジー理論の左1軸打法に近いと云えます。
軸を中心とした、体重移動が殆ど入らない打法だからです。尤もオンプレーンについては、
10年前のオジー理論をオンプレーン打法として、
私のサイトで紹介していますが。10年以上に亘って、オジーから最新の左一軸打法を
教えてもらっている私から言わせてもらえば、
左一軸打法はもっと進んだ、
誰にでも出来るように進化した合理的な理論なのです。日本人にとって左一軸打法が新しいスイング理論すぎて、
正しく理解されず間違った情報が雑誌に取り上げられていることは大変残念です。本当の左一軸打法はアスリートや筋力がある人、
体格が良い人でないと実践できない理論ではなく、体への負担が少なく、
誰でも実践出来るスイング理論なのです。左一軸打法が日本でも注目され、
多くの人が実践してゴルフが上達してくれることは大変喜ばしいことですが、
雑誌での左一軸打法の紹介の仕方は誤解を与えてしまっています。ここまでサイトを読んでくれていてゴルフ上達に興味があるあなたには、
是非、オジーが教える最新の正しい左一軸打法を知ってもらい、
誰でも実践出来て、見違えるほどゴルフが上達する
世界最新のゴルフスイングを身につけていただきたいと思っています。「出来るだけ多くの日本人に、
オジーのすばらしいスイング理論を知ってもらいたい。」と思い、多くの人に知ってもらえる方法を考えました。そして、考えた結果、オジーのスイング理論を徹底解説したレッスンを
DVDにまとめてインターネットで販売することにしました。インターネットなら日本中の人に知ってもらうことも可能ですし、
DVDなら、オジーのスイング理論をより深く理解でき、
効率的に身につけることができると思ったのです。オジーのスイング理論のDVDをインターネットで販売したところ「安定してまっすぐ飛ぶようになりました」
「フェアウェイキープ率が格段に上がりました」
「ベストスコアが90を切りました」という声をたくさんいただくようになりました。そして、オジーのスイング理論のDVDは1万本以上売れ
多くの人にこのスイング理論のすばらしさを体験してもらえました。DVDには返金保証を付け販売をしていたのですが
返品率2%以下という、98%の人が満足してもらえました。1万人以上の人が購入して満足してくれたオジー・モアの左一軸打法ですが
100%完璧ではありませんでした。オジー・モアは常にスイング理論を研究し、改善して
もっと良いスイング理論を開発しています。私がオジー・モアとはじめて会った時から常に左一軸打法は進化していて
毎年、オーストラリアに行くたびに左一軸打法が変わっているのです。そして、昨年の4月にオーストラリアに行ったときには、
第2の左一軸打法と言えるほどスイングが大きく改善されました。