飛距離アップを目指して力を入れると、曲がってうまくいきません。

飛んで曲がらないゴルフスイングには、鍵があります。


基本は左股関節を軸に、左ひざをきちんと動かすことが大切です。


回転ではなくひねることで、今まで使わかった全身の筋肉を使い、小さな動きでも、大きなパワーを出すことが可能になります。

外見的にはコンパクトなスイングですが、実際には見ため以上にパワーがあるため、飛距離が必然的にアップします。

しかも曲がらず狙ったところへ飛ばせるため、飛距離もアップします。


これができれば、20ヤードの飛距離アップは簡単にできるようになります。

実践してコツをつかめば、必ず納得できる方法です。


飛距離アップができない理由を知って、ゴルフスイングをチェンジしましょう!