アイアンは飛距離ではなく、飛ばしたい方向へ正確に飛ばすためのものです。

思うように飛ばないと、飛距離のことだけを考えていませんか?


飛距離よりも正確に思った方向へ飛ばしたいのであれば、股関節をピンッと張った状態でスイングしてください。

その場合は体を使ったスイングで、ハーフスイングと考えて良いでしょう。

とはいっても飛ばしたいと思う気持ちから、実際はもう少し大きくスイングしているはずです。


股関節を意識していないと、スイングで力が入り過ぎ、狙った方向に飛ばないだけではなく、飛距離も伸びません。

正確性を重視し、飛距離もきちんと維持できれば、理想的なスイングになります

体がきちんと覚えると、アイアンの方向性は良くなり、飛距離も伸びてきます。

意識しすぎている人は、スイングに対する考え方を見直してみませんか。


アイアンがもっとうまく使えれば、スコアは格段に良くなります。