飛距離が伸びない原因は、年齢・クラブ・ボールなど様々です。

しかし、スイングフォームが原因の場合が多いのです。

クラブやボールを変えても、悪いフォームでは飛距離はアップできないことが多いと思われます。

まずは、スイングフォームを変えましょう。


体のバランス、重心の動きをきちんと把握することも大切です。

ゴルフのスイングは、全身運動です。

腰や肩、腕の動きはそれぞれ違い、それがすべてひとつになってスイングフォームになるわけです。

部分部分を気にするとフォーム全体がおかしくなっていきます。

飛距離を50ヤード伸ばしたい!と思うなら、全身のバランスを考えてください。


もうひとつは、正しい知識でスイングフォームを変えていくことです。

本当に正しいフォームであれば、誰でも実践でき、飛距離を50ヤード伸ばすことも可能になります。

体重移動をするという間違った常識はもう終わりにしていきましょう。


飛距離を伸ばすために必要なことを知っていますか?