回転と捻転は同じような意味に感じるかもしれませんが、大きな違いがあります。

ゴルフスイングでまっすぐ飛ばして飛距離アップさせたいと思うのなら、捻転、つまりひねりが必要になります。

本当にパワーを出したい!と思うのであれば「捻転」がコツなのです。

体をひねると全身の筋肉が動くため、力は大きくなり、コンパクトなスイングであっても、ボールを飛ばすことが可能です。

全身の力、筋肉を使えるかどうかが、回転と捻転の違いということです。

体を必死に回転させても、ボールは飛びません。

それどころか、体を痛めてしまったり、ボールを曲げてしまいます。

捻転によって腰と肩の角度が変わります。

全身を使ったゴルフスイングをすることで、今までにないパワーを出すことができます。


ゴルフスイングの根本が間違っていませんか?